Past work


#1 SKY

Fri.,7 May 2010~Tue.,11  

@日暮里d-倉庫

all8performances

 

ticket

advance ¥2500

doors ¥2800

1st stage&weekday daytime ¥300off

 

僕らは自由だった。

それは当たり前のことだった。

ある日、世界は一変した。

 

―—— 今、

僕は独り空を眺めている。

 

いつか壊れるなんて思いもしなかった。

空ははるか、太陽のかけらと確かに近くにあった雲だけをここから眺めている。

 

翼はあっても使えない。

 

僕は、ここにいる。


かごの中で思いを馳せる鳥。

その鳥の元へ訪れる、いろいろな鳥たち。

 

想いなんて自分次第。

ちょっぴりでも希望をもって生きていけばいい。

気づくかどうかが問題なんだ。



#2 EVLITH

〜迷宮幻想曲〜

 

Wed.,25 May 2011~Sun.,29  

@日暮里d-倉庫

all8performances

 

ticket

advance ¥2500

doors ¥2800

 

小さい頃、今は亡き物書きだった母から聞いたおとぎ話。
ましろは寂しさを感じるたびこの話を思い出し、空想にふけっていた。
彼女の記憶から出来上がった物語の王、「サタネル」。
格好良くて素敵な自分だけの王子様。
ある日ましろは倉庫から「EVLITH」という本を見つける。
その夜、ぐずる弟のせいでなかなか読書が進まず、口にしたのは迷宮イブリスの呪文。
弟は魔王にさらわれ、物語は始まる・・・。

本の世界を夢見る者、とどまりたい者、その場所にいるのが当たり前だった者、外に出たい者・・・
それぞれの想いが詰まってできた「迷宮」の世界。
本の世界に取り込まれ、妖魔や盗賊、状況に翻弄されながらも成長していく高校生が主役のお話。

 

C7がおくる、vividでカッコいい、

時にはcuteな、少し笑えて感動する舞台。



#3 Mermaid-drop

〜マーメイドロップ

Wed.,31 Oct 2012~Sun.,4 Nov  

@高田馬場RABINEST

all8performances

 

 ticket

advance ¥2500  doors ¥2800

海の見える街、天海市に引っ越してきた童話作家を目指している大学生の鏡太郎。

彼は海辺で不思議な女の子マヤと出会う。

他人と距離を置いて暮らしているマヤにどこか惹かれる鏡太郎。
ある日、彼女に話しかけコミュニケーションをとることに成功するのだが…。
その後、彼は夜の海辺で彼女と再会し、彼女に自分の想いを伝える。だが、彼女からの返答はイエスでもノーでもなかった。
「私は呪われた人魚だ」
彼女の口から告げられる人魚姫の本当の話。
彼女を助けたい鏡太郎は呪いを解く方法を探すことになる。
不器用だが真っ直ぐな鏡太郎に対し、いつしか心を開き、荒んでいた心に彩りを取り戻していくマヤ。
・・・かつて純粋に人を愛した頃のように。
果たして彼女の呪いは解けるのか?

人魚姫の本当の物語とは・・・。

C7が織りなす、切なくて温かい、泡のようなおとぎ世界。



#4 Rumbling March

Wed.,6 Aug 2014~Sun.,10   

@高田馬場RABINEST

all8performances

 

 ticket

advance ¥2500 

(with bromide ¥2700)

doors ¥2800

 

 

Rumbling march・・・地響きをたて、進む行進

 

春夏秋冬、季節は廻る。

 

それは太古の昔より、悠久の未来まで。

 

私がここに居る限り、全ては廻り、進み往く。

 

ここに在るのは、この星から生まれたお伽噺。

あなたが選び得る物語。

 

人生は様々な日常にスパイスが加えられ進んでいく。

時に楽しく、時に悲しく。

普遍から特異へ、特異もいつしか普遍へ。

 

いつしか思い出と共に土に還り、そしてまた希望と共に生まれ出る。

 

そうして、また、生きていく———。

 

C7復活第1弾!

短編、ダンス・歌で綴るショート×ショート!

 

C7の紡ぐ、暑い陽射しに照らされた、

湖面で揺らめくオムニバス。

 

「これは誰もが主役になりうる物語」



#5 Schnee ROSE

Fri.,18 Dec 2015~Wed.,23

@新宿眼科画廊1F スペースo

all 9 performances

 

 ticket

advance ¥2300

ADV/with bromide ¥2500

ADV/with party ¥5000

doors ¥2500

 

 

―ねぇ、サンタさん。
そこにいるの?
ほんとうにいるの?
もしもねがいがかなうなら。
わたしのおねがい、きいてくれる?

―何をやってもつづかねぇ。
自分だってわかってんだよ。

とあるダメダメ男と、それを取り巻く女性たち
そこに突如あらわれた、未来からきた少女
ダメ男は果たしてイイ男になれるのか?

C 7第5回公演はクリスマスのお話

ほら、クリスマスの妖精は
あなたのとなりにいるかもよ?

サンタクロースが信じられなくなった大人たちへ送る
聖なる夜の朗読会